心理コラム

相手をコントロールしたい?

こんにちは。

心理セラピストのShuntaro(@HeartyCure)です。

よく、心理テクニックを駆使して相手をコントロールし、自分の望む結果を生み出す系のコンテンツってありますよね。

最近YouTubeでみたのが、相手を依存させて自分から離れられないようにする方法。的な動画がありまして、理論的にはとても納得しました。

詳細は伏せますが、その動画はとても視聴回数も多く、人気のあるコンテンツであるのは間違いなさそうですが、理論的には納得したものの、個人的にはそんなことまでをして相手の心を掴み、目的を成し遂げたいとは思いませんでした。

私のように、心理学習目的の視聴者の方も中にはいるかとは思いますが、多くの人が相手をコントロールしたいという目的で視聴しているからこそ、それだけの視聴回数があるのではないかと思います。

ニーズがあるんですよね、そういう系のコンテンツ。

ニーズがあるからこそ、制作側もそういったコンテンツを作り多くの視聴回数を狙うわけです。

仮に、そのような心理テクニックを駆使して相手のコントロールに成功した場合、果たして本当に満足できる結果として納得感は生まれるのでしょうか。

相手をコントロールするということはつまり、「相手を変えたい。」と言っているのと同義であり、相手が変わることによって自分の問題は解決する、という気持ちが見え隠れしています。

この「相手を変えたい。」「相手が変われば問題は解決する。」という前提があるからこそ、心理テクニック等で相手に働きかけるわけです。

そして、逆に言えば、相手に働きかけ相手が変わらなければ、自分の抱えている問題や悩みは一向に解決しないということを意味します。

つまり、この問題は自分の外側である相手にあり、相手を変えることができて初めて解決し、当人は満足するわけです。

功を奏して一時相手が自分の望む通りに変わり問題が解決したと思いきや、相手にまた何か変化があり、自分の望む通りの相手から乖離した場合、当人はまた問題視を始めるでしょう。

当たり前ですが、いつまでもいつまでも相手が自分の望む通りの状態であるとは限りませんよね。時が経てば感覚も変わりますし、環境が変われば考え方も変わるかもしれない。色々な経験を積むことによって、目標が変わったり物事の捉え方が変わったり、行動も変わってくるでしょう。

それは誰もが体感していることだと思います。

幼き頃の自分と今の自分を比較してみると、変わらない価値観もあるかもしれませんが、変わったことが多くあるのではないでしょうか。

人は変化する前提であるのにも関わらず、相手を自分の望む通りに、思う通りにコントロールしたいと思う人は多いです。それは、自分が意識していない場合においても、無意識的に生き方の癖でそうしてしまう人もいます。

相手をコントロールした上で成り立っているように見える人間関係はどういうものかと言うと、

・対等な関係ではなく、上下の関係

・相手をコントロールし続けなければならない

・相手をコントロールするために、偽りの自分を作り上げなければならない(本来の自分を出せない)

・問題が解決するか否かが相手次第の為、必ず解決するとは限らず解決しなければ苦しいまま

こんな感じでしょうか。

心理テクニック等で相手をコントロールしたいと思う人は多いのかもしれませんが、深々と考えてみた上で、果たして上記のような関係性や状態を、自分は本当に望んでいるのか。という視点が欠けてしまっている可能性は高いです。

誰もが、相手を変えたいと思うことは生きていればあると思います。むしろそれが自然かと思います。

ですが、それは本当の解決策であるかどうかと改めて考えると、多くの人がNOと思うのではないでしょうか。

もしあなたが、相手をコントロールしたい、と思い、悩み苦しんだ際には、心理テクニックで相手をコントロール的なコンテンツを見るより、何が真の解決なのかを今一度考えてみることが大切です。

リトリーブのセラピストに相談するのも得策ですので、是非活用してみてくださいね。

ではでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜リトリーブサイコセラピーを身近に〜

自分ではなかなか解決しがたい心理的な問題を、
プロの手を借りて整理してみてはいかがでしょうか。

お気軽に相談できる、
電話カウンセリングサービスがオススメです。

詳細はこちらから