心理コラム

“自分を知る”ということの重要性

こんにちは。
心理セラピストのりお(@rio10Xu)です。

3月も終盤を迎えましたが
世の中は新型コロナウィルスの影響により
事態がかなり深刻化してきましたね。

学校生活や、仕事、私生活に
大なり小なり影響があり
不安を抱えている方も多くいらっしゃると思います。

事態が終息するまで
なかなか元通りの生活に戻すのは難しい面もありますが

我々個人としては
自分の健康状態を高め、感染予防を徹底し
目の前のやるべきことに集中することが大切ですね。

さて、今回は「自分を知る」というテーマについて
話しをしていきたいと思います。

“自分を知る”とはどういうことか。

よく聞くフレーズで
“自分の事は自分が一番わかる。”

というものがありますよね。

私の経験上、心理学を学ぶ以前において、
自分を知る為に行ってきたことって、

アルバイトの面接や、就職活動の際に行った
自己分析くらいでした。

その他に、自分を知る為の行動なんてものはせず
尚且つ、やらざるを得ない状況という事態もありませんでした。

そんな中で、

“自分を知る”ことが義務教育のカリキュラムとしてあるわけでもなく
何か生き辛さを感じたり、問題にぶち当たった際に

「自分は何のために生きているんだろう?」
「自分がやりたいことって何だろう?」
「このままの自分でいいのかな・・・。」
「どうしていつも同じことを繰り返してしまうんだろう。」

なんてことを感じ始める人が多くいるような印象を受けます。

そんな反面、冒頭でも紹介したような、
「自分の事は自分が一番わかる。」
というフレーズはよく耳にしますね。

フレーズを口にしている当人が
人生に悩んでいたりするので(過去の上司や友人にいました。)

今思えば、私個人的には、
「自分の事は自分が一番わかると言っているのに、自分の問題で悩むのはなぜだろうか」
と思っていた過去がありました。

とまあ、雑談はさておき、
そもそも「”自分を知る”というのはどういうことだと思いますか?

人によって定義付けは千差万別なので
“正解” “不正解”なんてものがあるわけではないのですが、

私の定義的には、

・自分は何のために生きているのだろうか。
・自分の幸せとはどんなことだろうか。
・自分はこの先どうなりたいのだろうか。
・自分がやりたいこととはなんだろうか。
・自分はどんな出来事にどんな反応をするのだろうか。
・その反応においてどんな感情感覚が湧き出るのだろうか。
・どんな価値観を持っていてその価値観が自分の人生にどのように影響しているのだろうか。

というようなことをベースに
“自分を知る”と解釈しています。

これらをボトムまで因数分解していくと
自分の「今」の状態を知ることができます。

何か自分の感情や感覚が揺さぶられた時にこそ
知るための大きなチャンスでもあります。

なぜ自分を知る必要があるのか

生き辛さを抱えた人生を歩んできたり
何か問題に直面した際に

やはり”自分を知る”ということがとても大切になってきます。

そもそも生き辛さや問題に直面しない人生ならば
自分を知る必要性はないとも言えるでしょう。

なぜならば、自分を知らない状態においても
何ら問題や苦悩は発生しないからですね。

ただ、人生生きていく中で、問題に直面しないというのは
あまり現実的な話ではありませんよね。

それこそ、地震のような自然災害であったり、
今回のようなコロナ問題、
社会的に生きていく中で、人との繋がりも少なからず発生してきます。

そのような中で、自分を知ることに重きを置くことで

外側に発生した問題に対して、自分がどう反応しているのか、
何を感じて、どうしたくなってくるのか、
社会で生きていく上で、本当は自分はどうしていきたいのか、を
クリアにしていくことができます。

そうやって、自分を知ることによって、
素直でリアルな自分の感情感覚や
なぜそういう状態になっているのかという”原因”を追及することができます。

自分の中に起こる感情感覚が問題となっているのであれば、
原因を自分自身が理解することによって
次なるアクションや方向性に兆しがみえてくる可能性が高いです。

他責にして事態を片付けず
過剰な自己否定によって幻滅せず

今自分の中で起こっているこの状況に対し、
今後はどうしていくか?という視点に、原因がクリアになることで考えやすくなるわけです。

人は主観的に物事を見がちではありますが、
“自分を知る”という上においては
その素直な自分の主観を大切にして
細かく細かく因数分解をしていってみてください。

今まで知らなかった自分に出会えるのは勿論のこと、
その出会いこそが、新たな自分の第一歩となることでしょう。

おまけ

「自分を知る」ということをテーマに話してみましたが、

先月くらいかな?

私も今まで知らなかったのですが、
竹花貴騎さんという、私と同い年の経営者の方がいまして、
とあるYouTubeの動画に感銘を受けたので紹介したいと思います。

現在80億以上?の年商を上げているそうですが、
ビジネスの実績がすごいとかどうこうということが言いたいのではなく、
竹花さん自身も
「自分は本当は何がしたいのか?」という自問を
繰り返し繰り返し行ってきたからこそ
ビジネスで大きな結果がついてきたのではないかな。と
思わせてくれる人です。

「自分を知る」ことがこの結果にどれだけ影響を及ぼしているのかは
定性的で正直わかりませんが
起業をするにあたり、「自分を知る」ことをしっかり行ってきたことにより、
個人的には大きくそれが影響しているのではないかなとみております。

5分程度の動画なので
もしお時間あれば目にしてみてくださいね♪

ではでは!