哲学

投資的に考える買い物哲学

こんにちは。
心理セラピストのShuntaro(@HeartyCure)です。

9月に入りましたね。今年も残すところ、約3ヶ月です。月日の経過が早いですねー。

今年の大きな買い物としてノートPCを買い替え、まだ使用して数日ではありますが、かなり使用心地が最高です。

Macbook Proの13インチを約2年ほど使用していて、買い換えたモデルとして16インチを選択しました。

ストレージ(データの保存容量)以外をフルスペックでカスタマイズし、合計44万円税込の大きな買い物となりましたが、数年後にはまた買い換えるので売却するということや、メインの仕事道具ということを考えると、案外安く感じます。

44万円の投資によってその何倍ものお金を生み出すので、良い買い物をしたと思っています!マシンパワー不足による遅延が殆どないので、ストレスも激減です。

そんなわけで、今回は高い買い物に対する自分の投資的考え方について話していきたいと思います。

物を買うときに、サービスを受けるときに、欲しいとは思うけど「高い」の一言で断念してしまう人は、是非参考にしてみてくださいね。

投資したその先のイメージを想像する

「高い」と思う心理として、保有する自分の資産総額、普段の購買平均額、現状の収入額、お金に対するそもそのも価値観などが影響しています。

当然、購入対象の物やサービスにもよりけりです。

10円のうまい棒を100円で販売されていたら、大抵の人が高いと思うと思います。

一方でコーヒーが100円で販売されていたら、高いと思わない人の方が多いのではないでしょうか。

話を冒頭で出てきた、Macbook Pro 16インチのノートパソコンに戻して考えると、私が購入した金額は税込み44万円です。

これを高いと思うか安いと思うかは当然人それぞれですが、正直最初の検討段階では買うかも迷いましたし、所感としては「安い」ではなく、「高い」と思っていました。
では、どういう検討をして、買うことを決めたのかというと、冒頭でも少し触れましたが、こんな感じです。

・買ったあとに自分がどんな価値を得られるかを明確に想像。
・数年後に売却を視野に入れた時、実質いくらの金額で購入できるのか。
・仮に2年間使用したとして、1日あたりいくらの金額で使用できるのか。
・買わなかった場合どんな問題が残り続けるのか。
・このノートパソコンが今後どれだけのお金を生むことになるのか。
・他の製品との比較して何がどれだけ優れているのか。
・自分がどれだけこのノートパソコンに強い想いがあるか。

このような感じで考えていました。
複数項目があるかもしれませんが、実質検討していた時間ってそこまで多くありません。30分もかからないくらいで決めてしまいました。

基本的に、高い買い物の時に考えることとしては、「投資的に」です。
これを手にしたら、自分はどんな良いこと得られるか。

単純に、提示されている金額だけをみてしまうと、「高い」の一言で終わってしまいますが、この「高い」買い物をすることで、自分はどんな良いことが得られるのかを明確に想像します。

そして、今の状態と、買った先の状態を天秤にかけるイメージをします。

例えば私の例で言えば、前のノートパソコンはよく動作がカクカクしてしまい、その都度イライラを少し感じて作業が止まってしまいました。

でも、この新しいノートパソコンを購入すれば、その都度都度の作業ストップやイライラがなくなる、そしてそれが売却予定までの2年間も継続する、と考えた時に、44万円を支払うか、その障害をずっと持ち続けるかと天秤にかけて、自分はどっちを望むか?とイメージするのです。

このように、購入することによる明確なメリットを思い浮かべることで、目先の「44万円」という数字の見え方がどんどん変化していきます。

それに、メリットは一つだけではないですよね。

最高にお気に入りのパソコンで毎日が仕事ができるというモチベーションも一つの大きなメリットですし、このノートパソコンが購入金額以上の金額を生み出す可能性を秘めているというのも十分すぎるメリットです。

44万円を握り締めていることを選ぶのか、44万円を自己投資としてうまく活用するのか、それは自分次第であり正解も不正解もありませんが、私は自己投資を選択します。

ここで、他に安く良いものはないかとリサーチし比較検討する余地もあるかとは思いますが、もし仮に同じクオリティで金額が安ければそれを非常にラッキーです。

しかしながら、金額ばかりに捉われてしまい、中途半端に良い部分だけを得ようとしても、それは妥協策であり、本当に自分が満足する可能性は低いです。

自分が心の底から本当に満足する、欲しているメリットを得られる、最高の状態にする、というようなことを前提に考えると、妥協はできないと個人的には思います。

これは個人的な意見なので、もちろんそれぞれ考えはあるかと思いますが、80%のストレス軽減具合が得られる30万円のノートパソコンよりかは、100%ストレスがなくなる44万円のノートパソコンの方が、「圧倒的に良い買い物をした。」という気持ちや満足感も高まります。

投資するか現状維持か

投資的な考え方を持つことのメリットとして、やはり自己成長やリターンが得られるというところにあります。

なんでもそうですが、現状維持をしていれば当然変化は訪れないので、マイナスになることはありませんよね。ただ一方で、プラスになることもありません。

その変化のない現状維持で、心の底から満足している実感があるのであればそれはそれで幸せなのかもしれませんが、そこには刺激もなければ学びもなく、もちろん成長もない。

「高い」という一言で片付けてしまい、大きなチャンスを逃していることって実はたくさんあるのではないでしょうか。

他人から紹介されて、自分が良いものと感じないものや興味がないものに対しては「高い」で片付けてしまうのは良いかもしれませんが、自ら欲しいと思ったものや興味が湧いたものに関しては、提示されている金額だけで判断せずに、それを手にした後の自分をイメージし、どんなメリットがどれだけあるのかを考え、金額と天秤にかけてみる、ということをしてみると、見落としていた発見があるかと思います。

投資する意識で買い物を考えると、逆に無駄な買い物をしなくなったり、本当に自分が必要な物や好きな物を買うことができるようになります。

是非、参考にしてみてくださいね。

ではでは!